ワーホリ

旅行は

旅行は若い時にした方がいい。今滞在している農家で出会う旅人たちは成熟して、自分一人で立っているように見える。自分が何を求めているかはっきりしていて、それを態度に示す。余裕があるときは他人の手助けもする。必要な仕事であれば嫌がったりしない。お酒、音楽、映画、読書を楽しむ。新しいことを学ぶことの良さも、のんびりリラックスすることの良さも知っている。他人に自分の考えを明確に述べることができる。何に楽しみを感じるかわかっているということは、当たり前だけど大切だと思う。それは自分の行動の指針になるから。旅行を若い時にすると、自分で主体的に行動しなければいけないからその能力が伸びる。感受性が豊かな時に様々な行動指針を持った人に出会える。結局人間は、別の人間と会うことで磨かれる部分が多いと思う。

私は自分が何を好むのか、霞がかかったようにぼんやりとしか理解していなかった。新しいことに出会うのが好き、多分。旅行が好き、多分。友達と過ごすのが好き、多分。でも今、いくつかはっきりと好きだと断言できることがある。綺麗な夕焼けを見た時にお互いに教えあって、日の入りまでの十数分一緒に見るのが好き。美味しいごはんが好き。TVはない方が好き。食卓を囲みながら会話をするのが好き。好きな音楽を聞きながら友達と車で移動するのが好き。川で泳ぐのが好き。裸になって泳ぐのもなかなか楽しい。ハッキーサックをするのが好き。一生懸命働いて疲れた後、友達とビールを飲むのが好き。沢山のブランケットに包まれながら友達と一緒に映画を見るのが好き。そのとき隣から感じる体温がとても好き。今まで集団から外れて、一人で行動するのが好きだと思っていたがどうもそうとは言い切れないらしい。

最近毎日が楽しい。嬉しくて泣きそうになる。