ワーホリ

わからんよ

外国人の友達が日本に来たのでひと月ほど国内旅行をして来た。知らなかったのだが各地に無料のキャンプサイトがあり、飲み水もカマドもトイレも、確保が簡単だった。そしてある程度の大きさのスーパーに行けば必ずと言って良いほど無料の氷が手に入る。これも重宝した。感謝。

普段と違う行動をすると普段と違う人と出会える。生まれてこのかた日本でキャンプなぞしたことがなかったのだが、キャンプする人って少なくないんですね。中には半年間滞在を続けている人もいた。それから80代の男性を何人も見た。ワンボックスカーを改造してベッドを乗せた車で旅をしていた。各地の温泉を渡り歩いていたがこの辺りは近くに無料の良い温泉があるので長期滞在しているという。さらには周辺でキノコを採取する話やニジマス釣りの話を聞かせてもらった。楽しそうな生活だった。こんなに縛られない人生があるか。

私が、いわゆる普通の生活というものを想像するとき、就職、結婚、出産、そして子供が無事に巣立つまでの様子をイメージする。定型で、自由がない。そしてそれは窮屈そうな印象を伴う。疲れた大人の顔、愚痴、ワイドショー。そんなものには参加したくないと思う。しかしその認識は正しくない。実際は全てが自由で、選んでも選ばなくても良い上に、楽しい就職、楽しい結婚、楽しい子育てにもなり得るのでしょう。全てがカスタマイズ可能で、即興で乗り越えていく日々は窮屈なのか?

大人としての責任を果たすというような考え方がある。責任とはなんだろう?日本国民である以上、納税と勤労に関してはした方がいいと言えるが、それ以外のことは???なんだよな。個人の考えとしては、日本を維持するために子供を産んだ方がいい。子供が少なくては国が栄えない。国が傾いた時に割りを食うのは今の世代ではなく未来の人間たちだと思う。いろんなことが国のためとか人間は社会的な生き物だとかっていうことでよく説明できるんだけど、そういうデカイ話を持ち出すといろんなことが怠くなる。家庭とか出産とかだるい、窮屈だ。昔の人間たちのことを考えるとわたしの集団への貢献度が低すぎて頭が上がらない。昔の人は暇じゃなかったからこういうことを考えなかったのかな?それとも同じように考えていたのでしょうか。

一歩引いてなんの責任も考えず、誰のためでもなく自分のためだけを考えてみると、いろんなことが面白そうだと感じる。だからそういう感じで気楽にやっていったらいいのかなと思った。足踏みで靴底を減らすのは勿体無いようにも感じるから。